税理士・会計事務所ならエヌエムシイ税理士法人

エヌエムシイ税理士法人の強み

一人の眼ではなく、複数の眼で

税理士さんが直接担当してくれる事務所が良いとおっしゃる経営者様がいます。確かな回答でレスポンスが早く頼りになります。
このサービスの在り方が自社に合っていると考える経営者様は、そのような税理士事務所を探されることをお勧めします。

でも、税理士が直接担当するビジネススキームは、事務所の成長とともに難しくなってくるケースがあります。人が商品となる商売ですので、その税理士さんが対応できるキャパがあるからです。事務所開業し立ての駆け出しの税理士さんの場合、事務所経営が落ち着くまで昼夜問わず、仕事に明け暮れるでしょう。これは、他の商売と一緒ですよね。

印刷会社を例にとると、事業開始当初は経営者様が営業をする。お客様は、その会社というより、その経営者様と契約した感が強い。
でも、会社が順調に成長していくと、今後の担当ですと言って、雇った社員を紹介する。そうして行かなければ、会社を成長させていくことはできない。というより、経営者様自身がずっと営業マンとなっていては家賃その他の固定費を賄うことも厳しい。

税理士事務所も同じです。もちろん、経営者様ではない勤務税理士でいいというのであればその限りではありません。
しかしながら、お客様企業が成長せず、変化せず、の状態であれば、一定のサービス提供ができますが、そうでない場合はいつの日かキャパオーバーが訪れます。私どもの事務所は、所長税理士が直接担当する仕組みは取っていません。勤務税理士も同様です。普段のやり取りはスタッフがさせていただきます。必要な場面で税理士登場です。

税理士の登場する場面とは

では、税理士の登場する場面は?

私どもはスタッフだけでなく、税理士を含めて複数の眼で経営者様の経営発展を税務面・財務面よりサポートさせていただきたいと考えております。
スタッフも社員研修でスキルアップをしております。そして、複雑な税務に関する問題は税理士への相談をしてお応えします。
年間を通して、複雑な税務に関する問題にどれほど行き当たっていますか?そんなに頻繁ではないでしょう。
その代わり、弊社のスタッフにはサービス業としてのお客様対応を求めています。

もう一度、繰り返します。

お客様の経営発展をサポートするために、税理士一人の眼ではなく、複数の眼でサービスを提供させていただいております。

エヌエムシイ税理士法人の強みAdvantage

特徴1 税務調査の心配が要らない

国税OBの税理士が多数在籍しております。税金を徴収する側にいた税理士だからこそ、税法に記載のないグレーゾーンの対応を事前に行うことができます。国税当局との「見解の相違」により、余分な税金を支払うことのないようお守りします。

特徴2 二重三重のチェック体制をとっています

私どもは税理士およびスタッフの複数の眼で経営者様の経営発展を税務面・財務面よりサポートさせていただいております。二重三重のチェック体制です。決算近くになって「こんなに利益」なんてことはありません。

特徴3 決算前に利益予測を行ない節税案を検討します

例えば、3月決算のお客様の場合、1月か2月に3月までの利益を経営者様と一緒に予測して、節税案を検討します。5月に発生する税金を1月か2月に予測するサービスです。

特徴4 訪問しない代わりにお客様ごとにWEB専用窓口を用意しています

日々の経営で発生する課題や疑問を私どもの訪問時に解決するのではなく、お客様ごとに用意したWEB専用窓口で日々解決していくサービスです。その代わり、訪問しないサービスとしております。

特徴5 クラウドシステムでお客様と財務データをつなげています

お客様には弊社推奨のシステムをご利用いただきます。システムの設定や操作指導をさせていただきますのでご心配要りません。また、クラウドシステムでお客様と弊社のデータはつながっていますので、随時、データを見ながらご相談に対応できます。

社員研修とは?

知識や経験でお客様より報酬をいただく税理士事務所では、税理士の有資格者や資格取得過程にある人材、そして他の税理士事務所経験者を求める応募が多いです。いわゆる、即戦力となり得る人材を採用したいということです。ダブつき気味に人材を抱えておく余裕がないと、退職者が出た場合、すぐにでもその仕事をカバーできる人材がほしいとなる訳です。

そんな思いがあるのでしょう。でも、私ども エヌエムシイグループでは全社員を対象に研修を実施しております。

こんな目的で社員が講師になっての研修です。私どもの事務所には、国税OB税理士が多数在籍しておりますので、研修内容はかなり濃密です。

エヌエムシイ税理士法人 ページトップへ

エヌエムシイ税理士法人 経理コンビニ